保育士の就職状況と転職の状況

現在日本で待機児童の問題を抱えるため、保育士の増員が国により図られ、全国の保育施設で25万人以上も増員する計画で、来年度までにはおよそ45万人の保育士が必要であると言われながら、現在40万人を割り込む状況で、国や地方自治体としても人員確保に余念がないです。

いくら保育施設を建設しても、保育要員が不足していれば、国や自治体が運営を認めるわけにはいきません。

保育士の求人に関してお困りですか。

保育士は国家資格を有するため、他の保育施設から、新たな職場に転職する人はいても、他の職業から保育施設への転職をする人は極めて少ないです。
そのため、国家資格を取得する人を増やす動きもあります。ただ、実際に不足する保育士の現状の裏に地方での過疎化も進み、都市部や地方での中央部で保育施設が不足しており、地方で運営する私立の保育施設では、入園者が少なく、経営悪化となり統廃合となる施設も多く、地方と都市分の格差が大きくなっています。

幼児を預かる保育施設で、体力と精神力が必要なこの仕事で、しかも女性が多いことで特有の人間関係のトラブルなども多く、入園者の多い保育施設では、採用も多い反面離職率が高いことが問題としてあります。



保育施設は自治体主導で運営を行うため、自治体により給与水準が決められており、都市部と地方の施設で若干の差はあるにせよ、それほど差が無いため、地方で意外に地域密着で人気が高いです。

保育士の求人のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

不足する保育士の現状に対して、取り巻く環境の厳しさがあり、転職は難しいとされます。